宅急便 冷蔵庫

冷蔵庫を安く運ぶ方法

宅急便 料金 冷蔵庫

宅配便 予算 冷蔵庫

郵送 料金 冷蔵庫

配送 費用 冷蔵庫

宅急便料金 冷蔵庫

 

大型冷蔵庫を送ることができる宅配便業者は、大手のヤマト運輸さんくらいです。
同一市内に送る費用は、約16000円、東京から大阪に送る費用は、約19000円かかります。

 

もう少し安く運んでくれる業者を探したいなら、引越し業者一括見積もりをしてみませんか?

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

冷蔵庫は重いもので100sを超えます。

 

狭い廊下や段差のある玄関を超えて軽トラックに乗せるのは、危険なので自力での運送はオススメできません。

 

引越し業者は壁や廊下に保護材を巻いてくれたり、時にはベランダから吊り上げたりして上手に搬入してくれます。

 

冷蔵庫を運ぶノウハウがあるので安心です。

 

一括見積もりすれば、送料の相場はもちろん最安値も簡単にわかりますよ。

 

ぜひご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し料金と時期

 

冷蔵庫宅配比較

 

引越しには繁忙期と通常期とがあるのです。
繁忙期は1年のうちで最も引越し業者が忙しい時期で、この時期に冷蔵庫だけを配送したい場合も費用が通常期よりも高くなります。

 

繁忙期とはいわゆる3月前後のことです。
大学生の合格発表が2月でそれから4月の新学期までに一人暮らしや寮に入るために引越しをする人が多い時期なのです。
ほかにも新社会人になるために上京してくる人や、春の人事異動で転勤するサラリーマンファミリーと、とにかく引越しする人が多いのです。

 

もしできるならこの時期の引越し、もちろん冷蔵庫の搬送は避けた方が無難です。
この時期は安い業者を探すのも大変ですし、費用も他の時期よりも高いので、できれば避けたほうがいいと思います。

 

どうしても繁忙期でなければならないのであれば、とにかくスピードが大切です。
まだ大丈夫・・・と見積もりや契約を先延ばししていると予約がいっぱいになってしまい、もう契約ができなくないということがあるのです。

 

そんな時期ですから早めに動くといいですよ。

 

 

引越しの初期費用

 

冷蔵庫宅配初期費用

 

引越しをするには結構、初期費用ががかかります。
大きな金額になるものは、引越し代と物件の契約料ですがマンションやアパートなどの賃貸物件を初めて借りるという方は、入居時にかかる初期費用についてよくわからないと思いますので、ここに詳しく記載しますね。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用には、敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用などがかかります。

 

敷金は物件を退去する際に、汚れた壁紙などを補修する費用であり貸主に最初に預けるという形になっています。
部屋を綺麗に使っていれば退去時に返還されるものでがそうでない場合もありますので、契約書をしっかり確認しましょう。

 

礼金は貸主へのお礼として昔から慣習的に支払われているものですが、最近は礼金ゼロという物件もあります。
部屋を探している人が少しでも入りやすくするために、礼金ゼロにしている貸主さんもだいぶ増えました。

 

しかし2か月分、3か月分の家賃を先払いを求める貸主もいます。
家賃の滞納が社会問題となっていますので、ちゃんと家賃を支払う能力がある人かどうか確認するという意味合いもあります。

 

これとは逆に1か月フリーレントといって、「1か月分の家賃が無料です。ぜひうちの物件にお入りください!」という考え方の貸主もいます。
考え方は人それぞれですから、物件を探すときに注意してみてくださいね。

 

仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払う費用です。
これは法律で決まっていませんので、家賃1カ月分であったり、家賃の数パーセントであったりと不動産会社によって決まっています。

 

以前であればは賃貸契約の際に連帯保証人として親の名前などを契約書に記載したり、時には連帯保証人を2人用意してくださいという物件もありました。
最近はいろいろな事情があって連帯保証人を用意できない人が増えたため、連帯保証会社利用費用を支払って保証会社に身元の保証を依頼するのが主流になりつつあります。

 

賃貸物件は集合住宅なので火が出ると燃え移る可能性が高いです。ですから必ず火災保険に加入させられます。
なぜなら隣部屋の方が火元で火災が起こった場合でも、自分が火災保険に加入していなければ相手に賠償を請求することはできないからです。
賃貸物件でも戸建てでも、もらい火は自己責任なので、火災保険の加入は必須です。

 

物件に入居する際に鍵の交換を行います。
マスターキーは管理会社や大家に返却されますが、スペアキーを作っていた場合はこれらまで回収できません。
そもそも合鍵は何本作られたのかもわかりませんので、鍵は新しくしたほうが気持ちがいいです。。
費用は1.5〜2万円くらいでできます。

 

このように契約時にかかる費用は物件を扱う不動産会社や貸主さんの考え方によってかなり差がありますので、契約書にサインをする前にしっかり確認しましょう。

 

 

引越しのだいたいの手順

 

引越しのおおまかな手順

 

引越しのだいたいの手順を把握しておくと当日までに焦りませんので、ぜひ一度確認してみてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し業者を早く決めてしまいたいですが、新居が決まるまでは正確な価格は出せません。
4階より高い物件はエレベーターがほぼありますが、4階ですとエレベーターがない物件もあります。
そのような物件で4階の引越しは、時間がかかりますから費用もその分上乗せされるのです。
物件が決まったら引越し業者に見積もりを取りましょう。

 

引越し費用を抑えたいならできるだけ荷物を減らしましょう。
不用品の運送費もバッチリかかるので、不用品は引越し前に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする場合は、転出届を市町村役場に提出します。引越し2週間前から提出できます。
国民年金や国民健康保険のことも聞いておくといいですよ。

 

電気・ガス・水道会社に引越しする日を伝えて、その日までの料金の精算方法を聞きましょう。
日割りで計算してくれます。
火事を出さないために大元のガスの元栓をガス会社の人と閉める作業があるかもしれませんので、確認しておきましょう。
新居が市内なら、電気・ガス・水道を引越し日から使えるようにしてもらう手配もしましょう。

 

郵便局で転送届を出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。

 

引越し当日は家財の置き場所を指示してください。
あらかじめ決めておいて紙に書いてどこかに貼りだしてくれると引越し業者も助かると思います。

 

市内引越しなら市町村役場で転居届を、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
引越し2週間以内にしましょう。

 

免許証やパスポート、各種保険、銀行カードやクレジットカード、その他大事な会員証などはそれぞれに連絡して住所変更をしてもらいましょう。転送は1年間なので、わすれないうちに行ってくださいね。

 

 

引越しと挨拶の時期

 

引越しのあいさつ

 

引越しのあいさつには行かれますか?
そうですね、挨拶の出来ない人という印象にならないためにも挨拶は行った方がいいですね。

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行きましょう。
どうしてかと言うと先延ばしにすると面倒くさくなったり、道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりするからです。

 

簡単な粗品を用意して、早めに行くのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子がいいです。タオルや洗剤などもとても喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行きましょう。
大家さんや管理人さんが近くにお住いの場合は、そちらにもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ集積場がないので、おそらく町内で集積場の清掃を当番で行っている所が多いかと思います。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですね。

 

 

引越し費用を安くする条件の見直し

 

引越し見直し

 

引っ越し費用を安くするために、条件を見直ししてみませんか?

 

まずは荷物の選定です。
引っ越し費用は荷物が多くなるほどに高くなりますので、引越し前にできるだけ不用品を捨てたり、あげたり、売ったりして処分しましょう。

 

そして引越し日ですが、土日祝日の引越しは人気があるため、費用の割引があまり期待できません。
もし平日に引越しできるなら割引がありますので、平日がオススメです。
暦で言うと大安も人気がありますので大安を除いた平日に引越ししましょう。

 

時間では当然、午前中の引越しが人気です。誰だって午前中に荷物を運び入れて、午後からは荷解きがしたいですよね。
ですから午後便や時間を指定しないフリー便であれば、割引してくれますよ。

 

もし引越しを手伝ってくれる友人知人が多いなら、トラックと運転手だけ(チャーター便)を手配するという手もあります。
レンタカーは自分で運転しないといけませんので、かなり近距離でないとしんどいです。

 

そして費用が高い遠距離引越しは、同じ方面に運ぶ荷物をまとめて一緒に運んでもらう混載便なら安くなります。
ただし荷物が少なめであること、日数がどのくらいかかるかわからないことなどちょっと不便な面もあります。
引越しの条件で変えられるところがあれば、ぜひ検討してみてください。

 

 

引越しのオプションとは

 

引越しのオプション

 

引越し料金は以下のような経費から成り立っています。

 

引越し料金=人件費+輸送費+オプション代

 

この最後の「オプション」にはどんなものがあるのでしょうか?
代表的なオプションには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

引越し業者のオプションには、このようなものがあります。

 

この中でも依頼が多いのは「エアコンの取り付け・取り外し」です。
エアコンの取り外しや取り付けは自分でやろうと思ってもできませんし、自分で電気屋を手配してやってもらうのも面倒なのです。

 

しかし引越し業者に依頼しておけば、専門の業者が来てやってくれます。
自分で手配する手間が省けますし、料金も自分で依頼するのとさほど変わりません。

 

車の陸送なんて自分で運べばいいと思われるかもしれませんが、例えば東北から九州への引越しの場合に自分1人で運転していける自信がありますか?
そもそも仕事が忙しくてそんな時間がない人も多いでしょう。
そういう時に便利なサービスです。

 

荷物の一時保管は例えば家のリフォーム、立て替えなどで仮住まいに入る際に便利です。
一軒家分の荷物すべてが賃貸に入らないこともありますから、引越し業者に預かってもらうのです。