引越しトラック 大きさ 前面道路 幅

引越しトラックの大きさと前面道路の幅

引越し トラック 道路

 

引越しトラックには種類があります。
1人ぐらしの引越しには軽四トラック、ファミリーでの引越しにはGLタイプなど荷物の量でトラックの大きさを決める事が多いです。

 

他にもトラックを駐車して引越し作業を行うために、物件の前の道路の幅が非常に大切になります。
荷物が多いから大きなトラックを用意したけど、トラックを停める場所がないなんてこともあり得ますから、道幅にも気をつけて引越しに使うトラックを選びましょう。

 

大手の引越し業者がもつトラックと、必要な全面道路の幅は以下の通りです。

 

・軽四トラックは簡単な引越しが可能です。

 

・Hタイプ(約3畳)のトラックには全面道路3m以上が必要

 

・Kタイプ(約6畳)のトラックには全面道路4m以上が必要
※Kタイプ(約6畳)天然ガスタイプもあります。

 

・SLタイプ(約9畳)のトラックには全面道路6m以上が必要

 

・GLタイプ(約12畳)のトラックには全面道路8〜10m以上が必要

 

・スカイポーターやスーパーデッキは高層住宅のための引越し専用車。
高さが7〜8階まで対応可能ですが、全面道路4m以上が必要

 

都内や田舎の険しい道路は、道幅が異常に狭いところがあります。
大きなトラックを選んだときは、どこに停めて作業できるかも考慮しましょう。